糖尿病は制限が沢山~ウォーキングで病気対策~

若い方も注意

糖尿病になると起こる症状とは

糖尿病というと、ほとんどの方は年配の太った人がかかる病気というイメージを持つ方が多いです。ですが、近年では運動不足、食事の変化で、20代の若者や子供でも糖尿病にかかる可能性があります。そもそも糖尿病とは、血液内の糖が多くなり、必然的に血糖値が高くなる症状のことです。この病気を放置すると、腎臓病や心筋梗塞などの重い病気も引き起こします。 糖尿病の具体的な症状は、まず異常な喉の渇きを感じるようになります。そのため、水を多く取るので、トイレが近くなって尿の量が増加します。その他にも、食事を取った直後にもかかわらず、空腹感を感じることもあります。また、食後に強烈な眠気を感じたりするケースもあります。このような症状が見られたら、早めに病院で診てもらう必要があります。

毎日の生活習慣での改善方法とは

糖尿病の症状を改善するには、毎日の生活習慣に気を受ける必要があります。一番気をつけるべき習慣は、食事のとり方です。糖尿病では、高カロリー高たんぱくの食事は摂取できません。ですから、基本的に揚げものや高カロリーのお菓子やデザートは避けなければいけません。その代わりに、グリルで焼いたり、蒸す調理法に切り替える必要があります。それと、肉を中心の献立ではなく、野菜中心の献立に切り替えることが大事です。 その他の生活習慣の改善方法は、積極的に運動をすることです。活発に体を動かすことで、効率よく体内のブドウ糖を消費できます。そのため、糖尿病の予防や改善につながります。たとえば、階段を使う、毎日ウォーキングをするなど簡単にできることがおすすめです。そうすれば、次第に病状が改善されていきます。